Uncategorized

自ら学びながら発信していく(滝澤摩耶さん)

wayslinksの会員である滝澤摩耶さんについてのご紹介!

皆さんこんにちは!ウェイズコミュニティの山田かなこです!
現在ウェイズコミュニティには約60名の会員が在籍しています。 本日はその中で、
ウェイズリンクスにて主にライターとして活躍されている滝澤摩耶さんについて
ご紹介したいと思います!
さて、どんな方なんでしょうか??

■ウェイズリンクスへの一度目の入会から再入会までの経緯
滝澤さんは、仕事を辞めて単身イギリスへ海外留学に行かれた経験があるそうです!
海外留学中、海外の友人に日本の文化について聞かれ、説明できなかったという
滝澤さん。その時に自分自身が日本について知らないことが多いということに
気がつき、そのことを恥ずかしいと感じたことから、日本の文化についてを学び、
発信できる何かをしたいと思うようになったそう。

滝澤さんのそんなタイミングが、ウェイズリンクスの立ち上げ当初。
ウェイズリンクス共同創業者でありCVOの藤塚さんに誘われてウェイズリンクスに
入会されていたそうです。

当時、藤塚さんからお伺いした「社会人になられている方がワクワクできるような
活動がしたい!」とのお話に共感した滝澤さんは、ウェイズリンクスにて
コミュニティで活動する予定だったとのこと。しかしご自身の時間や気持ちの余裕が
なく、あまり活動をできず一度退会されたそうです。

退会している間、新しい環境、新しい仕事に徐々に慣れ、殺陣を始めて、ようやく
自分自身がやりたいことが見え始めたときに再度藤塚さんからお誘いを受け、
ウェイズリンクスを通じての発信など、自分になにかできるのではないかと感じ、
再入会に至ったそうです。

■滝澤さんってどんな人?
美味しいものを食べるのが好き、くいしんぼうなんです、とお茶目な滝澤さん。以前は
出張の多い生活をしており、自炊をする元気もないくらい働いておられたそうですが、
今は時間のゆとりができ、毎食ごはんをつくって食べることを楽しんでおられる
そうです。

また昔から時代劇が好きだったという滝澤さんは、コロナ禍でジムに行くことが
できなくなったことをきっかけに、殺陣ならできるのでは?!と考え、殺陣を
習い始めたそうです。今は殺陣が生活の中心です!とおっしゃるほど夢中になって
おられるようで、職場の片隅で、休憩時間も木刀を振り下ろし練習をしているほど
とのこと!

殺陣についてお伺いすると、目を輝かせながら刀の種類や振り下ろし方などを
教えてくださる滝澤さん。

そんなにも夢中になれるのもがあることが、本当に羨ましい・・!

■コミュニケーションの柔軟性を大切に
以前はマルかバツかで考えることの多い完璧主義で、ストレスを溜めがちだった
という滝澤さん。留学を経て、いろんな国の人と様々な関わり方をしたことで、
育ってきた生活環境や生い立ちの違いなどから自分の基準だけで考えるべきではない、
マルかバツかだけではなく三角の人もいる、と感じるようになり、人への伝え方や
コミュニケーションのとり方を考えるようになったとのこと。

自分のやり方に添えない人がいたらだめ、ではなく、どうすればいいか、自分の
やり方を変えて考えるようになったそうです。

■今後発信していきたいこととは?
滝澤さんは毎週月曜日に、ご自身のnoteを通じてウェイズリンクスのFacebookの
記事を掲載しています。

滝澤さんのnoteでは、日本について様々な角度から紹介しており、歴史や行事、
食べ物だけでなく、日本人の考え方や気質を武士道という侍の心得を通じて
紹介されています。武士道とは日本独自の考え方を表しており、滝澤さんはこの
武士道を軸に、日本人のナショナリティやマインドを伝えていきたいそうです。

また殺陣を日本の文化としてもっとしっかりと発信していきたいという滝澤さん。
殺陣に興味がある人は多いものの、一つのジャンルとして際立っていないと感じて
おられるとのこと。殺陣を楽しむ自分の姿を通して、殺陣についてを伝えて
いきたいそうです!

日本の文化について歴史や思想、食べ物、行事など幅広い内容について掲載している
滝澤さんのnoteを読んでいると、こんなことも独自の文化なんだなと改めて考える
きっかけとなり、もっと知りたい、経験したい、と感じます・・!

今後どのような展開をみせていくのか?これからの記事も楽しみです♪

滝澤麻耶さんのnoteはコチラ▼
https://note.com/maya_wayslinks

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *